ついにこの時が来てしまった!主婦が夫の扶養を抜ける手続き

税金
子育ての合間のお小遣い稼ぎで始めた、ホームページ作り。

収入が増え、ついに夫の扶養から抜けることになりました。

扶養から抜けると、こんなに税金取られるんですね・・!

私が体験した手続き方法を記載します。

税金の扶養(103万円の壁)に関する手続き

11月の収入で、所得(収入から経費を引いたもの)が103万円を超えました。ちょうど夫の会社で年末調整の手続きが始まり、私は配偶者特別控除の対象にしてもらうことにしました。

配偶者特別控除というのは、妻の所得が103万円以上141万円未満のときに適用される所得控除のことです。詳しくは、以下の記事を参照してみてください。↓

税理士さんがやって来た(その3)!個人事業主である妻の配偶者控除
初めての確定申告に向けて、税理士さんの無料記帳指導を受けています。今回は、3回目。「103万円(150万円)の壁」、「130万円の壁」について詳しく聞きました。
個人事業主である妻が、夫の配偶者控除・扶養を抜ける時の手続き
103万円の壁、130万円の壁と言われる、配偶者に関する日本の税制度。その制度について、無料記帳指導に来てくれた税理士さんに教えてもらいました。ここでは扶養を抜ける時の手続きについて記載します。

1年間の所得が確定していない場合は?

私はアフィリエイトで収入を得ています。今年1年間の収入は来年の1月にならないと確定しません。しかも、月によってとても収入に変動があるので、予想が付きません。

個人事業の場合、11月の年末調整の段階では所得がわからないという場合が多いと思います。

税理士さんによると、「所得が確定しないのなら、配偶者特別控除を申請せずにあとから自分で確定申告して、払い戻してもらうのが良い」とのことでした。(※詳しくは、上述の記事に記載しています。)

そこで夫に相談してみました。以下は、私(左)と夫(右)の会話です。

配偶者特別控除だけど、間違った金額を申請した場合、あとから修正するのが面倒だから、会社には申請しないで自分で確定申告しようか。

間違ったら、会社で直してくれるんでしょ?

うん、そうだけど。妻のことで会社に手間をかけさせるのが申し訳ないから、自分でやる人が多いって税理士さんが言ってたよ。

いやいや、事務の人はそういう面倒なことをやるのが仕事なんだから。

そのために雇われているんだから。事務の奴らにやらせよう。

夫の言い分ももっともだな、というわけで、現時点で予想される「このくらいかな?」という所得を年末調整では申告することにしました。一応、会社の事務の方にも確認してみたところ「所得は概算で結構です。」とのことでした。

減るのは控除額だけではない!という事実

扶養控除の手続きをしながら夫に言われて気付いたのですが、扶養から抜けると今まで会社からもらっていた「家族手当」がもらえなくなるそうです。

夫の会社は福利厚生がしっかりしていて、なんと今まで家族手当として毎月「妻に2万円」支給されていたそうです。(知らなかった)
これがなくなってしまうんです。月2万円、手取りから引かれるとは・・。厳しいです。

私が半端に働いたばかりに、夫の収入を減らしてごめん。」という気持ちになりました。

社会保険の扶養(130万円の壁)に関する手続き

私の所得は130万円の壁も越えてしまったので、社会保険の扶養を抜ける手続きもしました。

課税証明書

区役所でもらってきました。1通400円もしました!免許証など身分証明書が必要です。

課税証明書には「年度」を書く欄があるのですが、昨年1年間の課税証明が欲しい場合には、今年の年度を記入します。

例えば、28年度の課税額が知りたい場合は、年度には「29年度」と記載します。これ、私は間違って「28年度」と書いてしまい、「28年度と書くと、27年度の税額が発行されますが良いですか?」と聞かれて修正しました。

確定申告書のコピー

確定申告のときに控えを返送してもらったので、そのコピーを夫の会社に提出しました。

扶養を抜ける書類にサイン

夫の会社から渡された、「被扶養者異動届 兼 死亡届」という書類に名前を書き、印を押しました。

「死亡届と兼用ってやだな・・」と思いました。

(この書類の形式は、会社によって異なるようです。)

健康保険証を返還

夫の会社から支給されていた、私の健康保険証を会社に提出しました。
「ああ、ついに取られてしまった・・」とちょっと不安な気持ちに。

意外と怪しい、会社の事務手続き

私は、国民健康保険と国民年金について、どういう手続きが必要なのか事前に市のホームページなどで調べていました。

その結果、「扶養を抜けたときに夫の会社から発行される被扶養者削除証明書を持って、区役所の窓口で手続きすれば良い」ということが分かりました。

それで、会社から被扶養者削除証明書が届くのを私はじっと待っていたのです。

でも、一向に届かない。健康保険証が手元にない期間が1ヶ月も続きました。なんだかおかしいな、と思い夫に、会社へ問い合わせてもらいました。

左は夫、右は会社の事務の人です。

国民健康保険の手続きをしたいのですが、妻の被扶養者削除証明書はいつ届きますか?

国民健康保険の手続きは、窓口に行けばできるはずで、証明書はいらないはずです。もし必要なら発行しますので、区役所に確認して下さい。

分かりました

というわけで、区役所に電話をして確認しました。

左は私、右は区役所の担当者です。

夫の扶養を抜けて、国民健康保険加入の手続きをしたいのですが、必要なものを教えて下さい。

被扶養者削除証明書が必要です。それと、ご主人の健康保険証(またはコピー)をお持ち下さい。

口座引き落としにしたい場合は、通帳と印鑑も持ってきて下さいね。

分かりました

やっぱり、被扶養者削除証明書は手続きに必ず必要なんです。確認してから被扶養者削除証明書を会社に依頼したので、発行されるまで1ヶ月以上かかってしまいました。(通常、国民健康保険への変更手続きは14日以内にすることになってます)

会社の事務の人、プロのはずだけど意外と信用できないな・・と思いました。

国民健康保険加入の手続き

被扶養者削除証明書がやっと発行されたので、区役所に行きました。手続きに必要なものは、以下。

・被扶養者削除証明書
・夫の健康保険証

国民健康保険料を口座引き落としにする場合は、銀行の通帳と印鑑が必要です。ただし、指定の銀行ならキャッシュカードだけで手続きできます。
私はたまたま、指定の銀行のキャッシュカードを持っていたのでその場で手続きしてもらいました。

国民健康保険上の世帯主を誰にするか

国民健康保険を支払うとき、世帯主を夫のままにするか、自分にするか選べるそうです。世帯主を夫にすると、請求書が夫に届きます。自分にすると、自分に届きます。世帯主が支払ったことになるので、自分が世帯主なら自分の所得から控除、夫が世帯主なら夫の所得から控除になります。

どちらが得か計算してみると、多分、夫の方が控除額が多くなるんじゃないかな?と思います。(夫の方が税率が高いため。)でも今年の年末調整はもう終わってしまったし、今年の国民健康保険料は2,000円だけだったので、国民健康保険上の世帯主は自分にしました。

※あとから変更できるので、変更するかもしれません。

また、被扶養者削除証明書は、国民年金の手続きでも必要です。窓口で「国民年金の手続きがまだです」と伝えると、コピーをとってくれました。

私の場合、昨年の収入はほぼゼロに等しいので、国民健康保険料も安かったです。2,000円/月 程度。

国民年金加入の手続き

国民年金の手続きは、区役所の隣の窓口であっさりと出来ました。

手続きに必要なものは、以下です。

・被扶養者削除証明書
・年金手帳

印鑑も持って行きましたが、使いませんでした。

およそ1ヶ月後から、納付書が送付されるのでコンビニで支払うそうです。

国民年金保険料は、定額で、月額16,490円!

髙っ!!!

税金
子育ての合間に寝る間を惜しみ、一生懸命がんばってやっと届いた月10万円。

それなのに、家族手当の2万円を夫の給与から減らされ、国民健康保険と国民年金で約18,000円/月も取られるなんて・・。

脱税する人の気持ちがわかりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA