税理士さんがやって来た(その5)!確定申告書の書き方!

確定申告と電卓

税理士さんによる無料記帳指導の、5回目です。今回が最終回になります。

私は今年が初めての確定申告ですが、税理士さんが申告書の作成まで手伝ってくれたのでとても気が楽でした!

確定申告に必要な提出書類

確定申告に必要な提出書類は、以下です。

icon-check-circle-o所得税青色申告決算書

icon-check-circle-o所得税及び復興特別所得税の確定申告書

icon-check-circle-o添付書類(マイナンバーカード、身分証明書のコピー)

「所得税青色申告決算書」の書き方については、以下の記事をご参照下さい。↓

税理士さんがやって来た(その4)!所得税青色申告決算書の書き方!
確定申告で最終的に税務署に提出する、「所得税青色申告決算書」の記入方法を税理士さんに教わりました!MFクラウド確定申告からの転記方法を説明します。

税理士さんによる記帳指導5回目の今回は、「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」の書き方と、添付書類の書き方を教わりました!

提出書類を入手する

確定申告の提出書類は、初年度の場合、税務署から一式送られてきます。私は送られてきた書類を使用して作成しました。

次年度以降は、税務署に取りに行くか、国税庁のホームページから印刷することができます。

ダウンロードページはこちら→【国税庁ホームページ】確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

※「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」は、上記ページの「申告書B【平成28年分以降用】」からダウンロードできます。

※「添付書類」を提出するための台紙は、「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」に含まれています。

申告書Aと申告書Bの違い

確定申告書には、「確定申告書A」と「確定申告書B」とがあります。

確定申告書A

医療費控除や住宅控除ローン控除を受ける場合に使用する。

確定申告書B

所得の種類に関わらず、使用できる。

個人事業主が所得税の確定申告をする場合には、「確定申告書B」を使用します。

作成方法を選択する

ダウンロードした(または税務署からもらった)用紙に、手書きで記入する方法と、【国税庁ホームページ】確定申告所等作成コーナーでパソコン入力してから印刷する方法とがあります。

また、e-taxという方法で、オンラインで提出することもできます。(専用の機器購入が必要)

私は、税務署から送られてきた用紙に、手書きでMFクラウド確定申告を転記することにしました。

所得税及び復興特別所得税の確定申告書Bの書き方

所得税及び復興特別所得税の確定申告書B(1枚目)

確定申告書B-1

以下、会計ソフトMFクラウド確定申告を使って記帳している場合の、対応する項目を記載します。

※私はアフィリエイト報酬を確定申告します。取引の多いその他の事業の場合には、参考にならないかもしれません。

項目①~②

項目①、②には、自分の住所、氏名などを記載します。印鑑も押します。

項目 記載内容
①提出先、年度等 ■提出先の税務署名

■提出日(提出日がはっきりしない場合は、「○○年○○月」のみ記載でOK)

■申告する年度(平成29年に提出するなら、申告年度は「平成28年度」)

■「申告書B」の前の空白に「確定」と記入

②住所、氏名等 ■マイナンバー、氏名等を記載

「世帯主との続柄」は、世帯主から見た続柄であることに注意!
妻が確定申告する場合、「世帯主との続柄」欄は夫から見て「妻」と記載。

氏名欄に押印を忘れずに!

項目③~⑧

項目③~⑤には、所得を記入します。記入する内容は、先に作成した「所得税青色申告決算書」から転記します。
※「所得税青色申告決算書」の書き方については、以下の記事をご参照下さい。↓

税理士さんがやって来た(その4)!所得税青色申告決算書の書き方!
確定申告で最終的に税務署に提出する、「所得税青色申告決算書」の記入方法を税理士さんに教わりました!MFクラウド確定申告からの転記方法を説明します。
項目 記載内容
③収入金額等 「所得税青色申告決算書」の「売上(収入)金額」を事業収入欄に転記。
(※農業以外の事業所得は、「営業等」の欄に記入。)
④所得金額 「所得税青色申告決算書」の、「所得金額」を転記。
(※農業以外の事業所得は、「営業等」の欄に記入。)
⑤所得金額「合計」 「所得金額」項目の合計を記入。
事業所得のみの場合は、④と同じ値になる。
⑥所得から差し引かれる金額 特に控除がなければ、最終行の「基礎控除」に”380000″を記入。
(※基礎控除38万円は、全ての人に適用される控除。)
⑦所得から差し引かれる金額の合計 控除の合計。
※基礎控除以外の控除がなければ、⑥と一致。
⑧青色申告特別控除額 “650000”と記入。

※収入が多ければ(年収103万円以上)税金が発生するので、「税金の計算」欄にも記入が必要。
私の場合は税金が発生していないので、記入する箇所は「青頃申告特別控除額」のみ。

所得税及び復興特別所得税の確定申告書B(2枚目)

確定申告書B-2

確定申告所Bの2枚目には、給与所得や社会保険料などを記入します。
私の場合は、夫の扶養内での申告のため、住所・氏名・整理番号のみの記入です。

※初年度の、税務署から送られてきた用紙には既に記載されているので、記入が必要なのは氏名欄のフリガナだけです。
(フリガナも印刷しておいてくれればいいのに。)

項目①~②

項目 記載内容
①住所・氏名 住所、氏名を記入
②整理番号 整理番号を記入

※初年度は、記載済みで送られてくる。
整理番号は、次年度以降も同じ番号を記入するので、控え等で保存しておくこと。

添付書類(マイナンバーカード、身分証明書のコピー)

2016年度の確定申告から、マイナンバーの提示が義務づけられました。

マイナンバーカードを持っている場合

税務署に出向いて窓口に確定申告書類を提出する場合は、マイナンバーカードを見せるだけでもOKです。(台紙にコピーを貼って提出してもOK)

確定申告書類を郵送して提出する場合は、台紙にマイナンバーカードのコピー(両面)を貼って確定申告書類と一緒に郵送します。

マイナンバーカードを持っていない場合

マイナンバーカードを取得していない場合は、「マイナンバー通知カード」のコピーと、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)が必要です。

税務署に出向いて窓口に確定申告書類を提出する場合は、「マイナンバー通知カード」と、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)を見せるだけでもOKです。(台紙にコピーを貼って提出してもOK)

確定申告書類を郵送して提出する場合は、台紙に「マイナンバー通知カード」のコピー(表面)と、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)のコピーを貼って確定申告書類と一緒に郵送します。

私は、郵送で確定申告するので、コピーを台紙に貼って確定申告書類と一緒に郵送します。

意外とすぐできる!確定申告書

確定申告書は、「所得税青色申告決算書」が出来れば、いくつか転記するだけなので意外とすぐに作成できました。

ただし、当サイトで紹介している内容は、私の備忘録です。人によってはもっと記入が必要な箇所があると思います。

私の現在の状況は以下です。↓

・専業主婦で、個人事業主
・所得は、アフィリエイト収入のみ
・年間所得が103万円に達していない

所得がもっと多かったり、個人事業以外にも給与収入がある場合には、当記事はあまり参考にならないかもしれません。同じような状況の方の参考になれれば幸いです。(あと、来年の自分の参考に!)

追記:もっと簡単にできる!確定申告書

確定申告が終わってから気付いたのですが、MFクラウドにはもっと簡単に確定申告書を作成できる方法があります。その方法はこちらの記事をご参照下さい。↓

2度目の確定申告!マネーフォワードクラウド確定申告(旧MFクラウド)ならクリックひとつですぐ出来た!
MFクラウド確定申告の、確定申告書作成機能を使ってみました!クリックひとつで確定申告書が作成できて本当に簡単です!

初めての確定申告書に関する記事は、以下の一覧にまとめています。↓

在宅ワークで初めての確定申告!記事一覧まとめ
私は今年初めて確定申告に挑戦します。その準備に関する、当サイト記事の一覧です。 これから確定申告をする方の参考になれば嬉しいです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA