忍びよる130万円の壁!個人事業主妻の私が勘違いしていた壁の真実

税金の計算

私は個人事業主として、アフィリエイトで収入を得ています。夫はサラリーマンです。今年初めて青色確定申告にも挑戦しました。

初めての確定申告を終えた時は、「103万円の壁も130万円の壁も、私には関係のない話。」と思っていました。ところが、もしかしたら今年度の収入は、130万円の壁に到達してしまうかも・・。「これはまずい!」と思い、社会保険について調べました。

忍びよる恐怖!130万円の壁

初めて青色確定申告をするにあたり、私は税理士さんの無料記帳指導を受けました。そして「103万円の壁」、「130万円の壁」について詳しく教えてもらいました。↓

税理士さんがやって来た(その3)!個人事業主である妻の配偶者控除
初めての確定申告に向けて、税理士さんの無料記帳指導を受けています。今回は、3回目。「103万円(150万円)の壁」、「130万円の壁」について詳しく聞きました。

このときの私は「壁に激突するなんて、まだまだ先の話」と思っていました。

ところが今年は、調子よく収入が増えて「130万円の壁」が視野に入ってきたのです。そこで「130万円の壁」について調べてみたら、自分が壁について勘違いしていたことが分かりました。

勘違いその1:経費を増やせば大丈夫?

壁
壁への激突を回避するため、私は「よし、経費を増やして激突を防ごう」と考えました。

とはいっても、ほとんど経費が掛からないのがアフィリエイトの良いところ。

とりあえずレビュー用の商品や参考書籍を購入して経費にしました。

それからパソコンのディスプレイと、壊れたワークチェアを買い換えました。

しめしめ、経費が増えてきたぞ!これで130万円の壁には届かないはず!

そんな私に、夫の一言。「あのさ、130万円って経費を除いていいの?売り上げじゃないの?

そういえば、税理士さんが130万円の壁についてこんなことを言っていました。

「手続きや期限などは、だんなさんが務める会社によって違うので、一度だんなさんから会社に聞いてみてもらった方が良いですよ。 」

社会保険の手続きは、会社によって違うそうです。そこで夫の会社の社会保険を調べてみました。

所得税の経費と、社会保険の経費は違う

夫の会社の社会保険を調べてみると、衝撃の真実が!

事業の年収は、「売り上げから経費を引いたもの」という内容の記載があり、経費を計上できます。しかし、「消耗品費」「雑費」「減価償却費」などは経費に含まれていません。

私が購入したパソコンディスプレイ、ワークチェアは「消耗品費」です。これらは所得税では経費にできても、社会保険では経費にできないようです。

更に「家庭用と共用しているものは、経費として認めません。」という記載がありました。光熱費、家賃も経費にできないようです。

これじゃあ、経費がないじゃないか!

勘違いその2:まずは103万円の壁から?

2つの壁
所得税(103万円の壁)と社会保険(130万円の壁)は、金額が似ているし「超えたら損するもの」というイメージが強くて、私はどうしても頭の中で一緒にして考えてしまいます。

そして金額が低い方から先に壁があるというイメージがあり、私はまず「103万円の壁」だけを意識していました。

でもそれは、私の勘違いでした。

所得税と社会保険の違い

あちこち調べて私なりに理解した、所得税と社会保険の違いを図にしてみました。(現時点での私の頭の中。)

所得税と社会保険の違い

「103万円の壁」「130万円の壁」という話題がニュースになると、「超えたら損する壁」と思ってしまいますよね。でも、社会保険料を自分で支払うことはデメリットばかりではなく、所得控除に使えるので所得税が安くなるというメリットもあります。

103万円の壁→130万円の壁の順番とは限らない

私が夫の会社の社会保険について調べて分かったことは、「103万円の壁」→「130万円の壁」の順番にやってくるわけではない、ということです。

むしろ経費や所得控除が計上できないため、個人事業主の場合、「130万円の壁」→「103万円の壁」の順番でやってくることの方が多いようです。

「まずは103万円の壁を越えなければ良い。130万円の壁はその後。」と考えていた自分の勘違いにやっと気づいた、41歳の夏でした。

私の結論:税金は気にしない!

税金を減らすために、確定拠出年金に加入する、ふるさと納税を利用するなどの節税対策があるようです。

でも私は、税金のことを調べていたら、非常に面倒くさくなってきました。税理士にならなくて良かった・・。(いや、なれませんが。)

税金よりも、自分の仕事観を考える

税金のこと、扶養のこと、どうすれば損しないかを考えていると、自分のやりたいことが見えなくなってくる気がします。

そもそも扶養を抜けるかどうかは、税金の金額よりも「自分の仕事をこの先どうしたいのか」で判断するべきなのかもしれません。

icon-check-circle-oお小遣い、暇つぶし程度に働きたい → 扶養控除内を維持

icon-check-circle-o仕事で稼ぐことが楽しい → 扶養を抜け、もっと稼ぐ

私の結論は、「とりあえず税金は気にせずに、やりたいことをやってみよう。」です。せっかくここまで続けたアフィリエイト、もうちょっと続けてみたいです。

そして何より、売り上げを調整する方法がわからないいんです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA