すぐ出来る!「所得税の青色申告承認申請書」の書き方

「来年は青色確定申告をしよう!」と決めたら、事前に必ず提出しなければならない書類が2つあります。その1つが「所得税の青色申告承認申請書」です。

青色確定申告を行うためには、事前に税務署から承認を得る必要があります。その承認を依頼するための書類が、「所得税の青色申告承認申請書」です。

※もう1つの必要提出書類、「個人事業の開業・廃業等届出書」については、以下の記事をご参照下さい。↓

とっても簡単!「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方
「税務署に提出する書類」と考えただけで、面倒くさそうで憂鬱になりますよね。でも個人事業の開業届けは、「これだけ?」と思っちゃうほど簡単な書類です。書き方をまとめました。

提出期限はいつ?

国税庁ホームページによると、「所得税の青色申告承認申請書」の提出期限は「原則、承認を受けようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後に開業した場合には、開業の日から2か月以内)」となっています。

つまり、2017年度の事業収入を2018年2月の確定申告で青色申告しようとする場合、2017年3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」の提出が必要です。

ただし、2017年1月16日以降に開業した場合は、開業した日から2ヶ月以内に「所得税の青色申告承認申請書」をすれば良いことになっています。

「個人事業の開業・廃業等届出書」と同時に提出するのがお勧め

カレンダーその2
初めて青色確定申告をする場合、「個人事業の開業・廃業等届出書」も提出する必要があります。

※詳しくは、こちらの記事をご参照下さい。→とっても簡単!「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方

「個人事業の開業・廃業等届出書」の提出期限は、開業日から1ヶ月以内です。

「個人事業の開業・廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」は同時に提出しても問題ありません。

同時に提出すれば、郵送の場合は郵送費の節約に、税務署へ持参する場合は交通費の節約になります。

開業日から1ヶ月以内に、同時に提出するのがお勧めです。(※開業日の考え方については、上述したこちらの記事をご参照下さい。→とっても簡単!「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方

「所得税の青色申告承認申請書」の入手の仕方

「所得税の青色申告承認申請書」は、国税庁のホームページからダウンロードできます。ダウンロードページはこちらです。→所得税の青色申告承認申請手続き

税務署の窓口でもらうこともできます。私は、上記ページからダウンロードしました。

「所得税の青色申告承認申請書」の書き方

所得税の青色申告承認申請書

上(↑)の書類が、「所得税の青色申告承認申請書」です。

赤で囲った部分を記載します。以下、番号順にひとつずつ説明します。

基本的に、「個人事業の開業・廃業等届出書」に記入したのと同じ内容を記入します。

①管轄税務署、提出日

自分の住んでいる地域の管轄となる税務署名を記載します。管轄の税務署は、こちらのページで検索できます。→【国税庁】国税局・税務署を調べる

提出日には、書類を送付(または持参)する日付を記載します。

②納税地

「住所地」「居所地」「事務所等」のうち、該当するものにチェックします。

住所地: 自宅(住民票の住所と一致)を仕事場として使っている場合に選択します。

居所地: 住民票の住所とは違う場所に居住していて、そこを仕事場として使っている場合に選択します。

事務所等: 自宅とは別に事務所を構えていて、そこで仕事をしている場合に選択します。

チェックしたら、住所と電話番号を記入します。

③氏名等

自分の氏名、生年月日、職業、屋号を記入します。

※個人番号(マイナンバー)について※

平成28年度から、個人番号(マイナンバー)の記入欄が無くなっています。

これは、同時または先に提出するはずの「個人事業の開業・廃業等届出書」に個人番号(マイナンバー)が記載されているため、「所得税の青色申告承認申請書」には記載する必要がないという考えのもと、修正されたようです。

④所得税の申告年度

青色確定申告での申告を開始する年度を記入します。

⑤事業所又は所得の起因となる資産の名称

自宅を仕事場にしている場合、名称は「無し」と記入(または空欄)します。

自宅以外の事務所を構えている場合は、その名称を記入します。名称が特になければ、「事務所」などと記入します。

⑥事業所又は所得の起因となる資産の所在地

自宅を仕事場にしている場合、自宅の住所を記入します。自宅以外の事務所を構えている場合は、その住所を記入します。

⑦所得の種類

該当する項目にチェックを入れます。私のような在宅ワークの場合は、「事業所得」にチェックを入れます。

⑧青色申告承認の取り消し有無

これまでに青色申告承認の取り消しを受けたことがあるかどうか、チェックします。初めて青色確定申告をする場合は、「無」にチェックを入れます。

⑨事業開始日

「所得税の青色申告承認申請書」を提出する年の1月16日以降に開業した場合、その日付を記入します。1月16日より前に開業した場合は、空欄のままにします。

開業日の考え方については、こちらの記事をご参照下さい。→とっても簡単!「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方

「所得税の青色申告承認申請書」の提出期限は開業から2ヶ月であることに注意して下さい。提出日の前2ヶ月以内の日付を記入します。(開業日は、「個人事業の開業・廃業等届出書」に記入したものと同じ日付を記入します。)

⑩相続による事業承継の有無

相続による事業承継でなければ、「無」にチェックを入れます。

⑪簿記方式

青色確定申告で65万円の所得控除を受けるためには、「複式簿記」にチェックをします。

⑫備付帳簿名

青色確定申告のために作成する帳簿を選択します。最低限必要なものは、「現金出納帳」「預金出納帳」「総勘定元帳」「仕訳帳」です。

ここで選択したものは、「全部提出しなければならない」または「選択したもの以外は提出してはいけない」という訳ではありません。だいたいこんな感じで考えてますよ、という程度で良いようです。

私の場合は、以下にチェックを入れました。「なんとなく、必要だろう。」という程度で選びました。今思えば、「買掛帳」は要らなかったです。

・現金出納帳
・売掛帳
・買掛帳
・預金出納帳
・総勘定元帳
・仕訳帳

やってみたらすぐ出来る!気楽に書こう

「所得税の青色申告承認申請書」は、漢字ばかりの難しそうな名前なので「あぁ、面倒くさそう!」と思ってしまいます。でもやってみると意外とすぐに出来ます。5分くらいで完成です。気軽に書いてみて下さいね!

※「所得税の青色申告承認申請書」を郵送で提出する方法はこちら↓

時間の節約!郵送で青色確定申告の申込み手続きを済ませる方法
青色確定申告をするために必要な書類の作成方法と、その提出方法について説明します。書類は税務署まで足を運ばなくても、郵送で提出する事ができます。郵送での提出方法について詳しく説明します。

※確定申告に関する記事一覧はこちら↓

在宅ワークで初めての確定申告!記事一覧まとめ
私は今年初めて確定申告に挑戦します。その準備に関する、当サイト記事の一覧です。 これから確定申告をする方の参考になれば嬉しいです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA