時間の節約!郵送で青色確定申告の申込み手続きを済ませる方法

在宅ワークで収入が増えてきたら、税金の支払いについて考えなくてはいけません。節税するためには確定申告が必要です。

「青色確定申告」と聞くととても難しそうに感じますが、大丈夫です!

私は無料で使えるとても優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告を使って、初めての青色確定申告に挑戦することにしました。会計ソフトについては、こちらの記事をご参照下さい。↓

在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド
初めて青色確定申告に挑戦しようと思った私ですが、解らないことだらけでした。色々調べて行き着いたのが、無料で使える優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告でした。MFクラウド確定申告のお勧めポイント、無料プランについて詳しく記載します。

ここでは、青色確定申告をするために必要な書類の書き方と、郵送方法について説明します。

青色確定申告で節税しよう!と思ったら必要な2つの書類

青色確定申告に挑戦することを決めたら、先に提出しなくてはいけない2つの書類があります。

青色確定申告に必要な書類

青色確定申告をしようと思ったら、以下の2つの書類を税務署に提出する必要があります。

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
2. 所得税の青色申告承認申請書

これらの書類が税務署に承認されて初めて、青色確定申告をすることができるようになります。

そしてもう1つ、青色確定申告をするために必要な書類ではありませんが、都道府県に対して事業税の開始を申告する、以下の書類の提出が必要です。

1. 「個人事業税の開業届け」

「個人事業税の開業届け」については、こちらのページをご参照下さい。↓

忘れずに提出しよう!「個人事業税の開業届け」の書き方
新たに事業を始めたら、国に対して「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出しなくてはならないことはよく知られています。それと同時に、都道府県に対しても「個人事業税の開業届け」を提出することになっています。「個人事業税の開業届け」の書き方を説明します。

「書類を作成するなんて、面倒くさそう」と思ってしまいますが、実はとても簡単に作成できる書類です。私は「なんだ、これだけでいいのか。」と思いました。

1. 個人事業の開業・廃業等届出書を作成する

書類の作成

「個人事業の開業・廃業等届出書」とは、これから個人事業主として開業することを宣言する書類です。

この書類を税務署に提出するだけで、誰でも「個人事業主」を名乗ることができます。

これまで何の肩書きもない「専業主婦」だった私が、この書類を提出することで「個人事業主」になれるのです。

この書類を書くときは「私ってすごいなー」とワクワクしてしまいました!

「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方は、こちらのページにまとめました。→とっても簡単!「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方

2. 所得税の青色申告承認申請書を作成する

「所得税の青色申告承認申請書」は、「今年から青色確定申告で収益を報告します!」と税務署に宣言する書類です。

「所得税の青色申告承認申請書」の書き方は、こちらのページにまとめました。→すぐ出来る!「所得税の青色申告承認申請書」の書き方

書類の提出方法

上記2つの書類は税務署に提出します。提出する方法は、以下の2通りがあります。

1. 税務署に持参して窓口に提出する。
2. 税務署に郵送する。

書類は税務署に持参するべき?

多くのブログや、多くの書籍では「1.税務署に持参して窓口に提出する」方法を進めています。

「これから長い付き合いになる税務署なので、一度足を運ぶべき」「書類に不備があった場合にその場で訂正できるので、持参して職員に確認してもらった方が良い」などの理由が挙げられています。

時間を節約できる郵送で充分!

郵便局
書籍やインターネットで「書類は持参しなさい」という言葉をたくさん目にしましたが、私は、これらの書類を郵送で提出することにしました。

なぜなら、確定申告が近い時期に、税務署に続く道路が渋滞しているのを見たことがあったからです。

私は、書類を提出して受領印をもらうためだけに渋滞に巻き込まれるなんて嫌です。

税務署の窓口に並ぶのも嫌です。

郵便局は家のすぐ近くにあるので、買い物ついでに郵送することにしました。

郵送でも何の問題もなく、すぐに手続きが完了しました!ここでは、手軽に郵送で提出する方法について記載します。

郵送で青色確定申告の申請書類を送る方法

郵送に必要なもの

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
2.所得税の青色申告承認申請書
3. 個人事業の開業・廃業等届出書のコピー
4. 所得税の青色申告承認申請書のコピー
5. 長形3号の封筒2つ
6. 82円切手1枚(簡易書留にするなら392円分の切手)
7. マイナンバーカードのコピー(または、マイナンバー通知書のコピー)
8. 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)のコピー
9. 郵送代(郵便窓口で支払う代金。書類の重さによりますが、普通郵便なら82~100円程度。簡易書留にするなら+310円)

郵送の準備

封筒に宛名を記載する

書類の送付先は、自分の管轄の税務署です。国税庁のホームページで調べることができます。→国税局・税務署を調べる

差出人名(自分の住所と氏名)も忘れずに記載しましょう。

封筒の大きさは、長形3号が丁度良いです。(定形郵便なので重量内なら82円で送れる大きさです。)
書類は折っても問題ありません。3つ折りにして入れます。

書類を作成し、封筒に入れる

まずは「1. 個人事業の開業・廃業等届出書」と「2. 所得税の青色申告承認申請書」の書類を作成します。作成するのは簡単!国税庁のサイトから用紙をプリントアウトして、氏名などの必要事項を記入するだけです。(10分もかかりません。)上述した書き方を参考にして下さい。

書類のコピーを同封する

作成した書類は、必ずコピーをそれぞれ1部ずつとります。このコピーを同封して送付すると、受理印を押して「控え」として返送してくれます。この控えがあれば「確かに提出した」という証拠になります。

私は念のため、コピーに付箋を貼り、「控え用のコピーです。ご返送のほどよろしくお願いいたします。」と書いておきました。

返信封筒を同封する

控えを送付してもらうために、長形3号の封筒に宛名として自分の住所と氏名を記載し、切手を貼ります。(普通郵便で良ければ82円切手を貼ります。簡易書留で送って欲しい方は、82+310=392円分の切手を貼ると簡易書留にしてくれます。)

返信封筒は、2つ折りにして送付する封筒に同封しておきます。

マイナンバー確認書類を同封する

2016年度から、マイナンバーを記載した書類を提出する際には、「マイナンバーカードまたは通知書」と「身分証明書」の提示が必要になりました。

(※面倒くさいですね!!)

マイナンバーの記載に関して、国税庁が公表しているパンフレットがこちら→申告書や申請書等には個人番号の記載が必要です

マイナンバ-と免許証などの身分証をコピーします。コピーをそのまま同封しても良いのですが、国税庁のサイトにこんな台紙があったので、ここに貼って同封しました。→本人確認書類添付台紙

郵送方法を選ぶ(普通郵便または簡易書留)

郵送方法は、普通郵便でポストにポイ!でも構わないのですが、マイナンバーのコピーを同封する必要があるため、心配な方は簡易書留を利用しましょう。

簡易書留とは

簡易書留とは、引き受けた時間(申込みをした時間)と配達状況(届いた時間)を記録してくれる郵便です。受け取り時に受け取りサインが必要なため、本人に届いたことを確認できます。紛失などがあった場合、5万円までの実損額が賠償されます。

簡易書留の料金は、郵便料金に+310円が加算されます。(82円の封筒を送る場合、82+310=392円)

私は普通郵便で送りました

書籍やインターネットでは「大事な書類なので簡易書留で!」と書いてあるのですが、私は普通郵便で送りました。封書の中に返信用封筒を同封し書類の控えを返信してもらったので、受け取ってもらえたかどうかは控えが返信されることで確認できました。

不安な人は、簡易書留で!

郵便局の窓口から郵送

控え用のコピーや返信用の封筒を同封しているので、その重さの分料金が加算されます。郵便局の窓口で料金を確認してもらってから送りましょう。私の場合は、92円でした。

2~3日であっさりと受理

これらの書類は、厳格な審査が必要なものではないようです。必要事項が記入されていればそれでOKです。書類を送付後、2~3日後に返信封筒が届きました。中にはちゃんと受領印を押したコピーが入っていました。

これで私も晴れて個人事業主になったわけです!届けを提出したことで、急に「お小遣い稼ぎのサイト作り」が、「仕事としてのサイト作り」に昇格しました。

毎日のやっていることは変わっていないのですが、「私は個人事業主!家で仕事をしている」と思えるようになったことは、大きな気持ちの変化です。

初めての青色確定申告に関する記事一覧

こちらのページに、青色確定申告に関する記事一覧をまとめています。↓

在宅ワークで初めての確定申告!記事一覧まとめ
私は今年初めて確定申告に挑戦します。その準備に関する、当サイト記事の一覧です。 これから確定申告をする方の参考になれば嬉しいです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA