在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド

私は、在宅ワークでの収入が少しずつ増えてきたので、確定申告について考え始めました。

※確定申告の準備については、以下の記事をご参照下さい。↓

在宅ワークで所得が増えたら、確定申告しよう!確定申告の基本
在宅ワークで収入が得られるようになったら、避けては通れないのが税金の支払いです。確定申告で所得控除を受け、税金を節約しましょう!簿記について知識ゼロの私が、確定申告に挑戦します。ここでは確定申告の基本をご紹介します。
時間の節約!郵送で青色確定申告の申込み手続きを済ませる方法
青色確定申告をするために必要な書類の作成方法と、その提出方法について説明します。書類は税務署まで足を運ばなくても、郵送で提出する事ができます。郵送での提出方法について詳しく説明します。

そうは言っても、簿記の知識のない私が、自力で正しく確定申告の書類を作成するのは大変です。一体どこから手をつけたら良いのやら・・途方に暮れてしまいました。

本で調べる

そこで、まずは書籍を読み、次にインターネットで疑問点を色々と調べた結果、「お金をかけずに一番簡単にできる方法はこれじゃないかな?」という方法にたどりつきました。

私なりの選択なので、これが正解というわけではありません。「こういうやり方もあるんだ」と参考にしていただけると幸いです。

簿記の知識がなくもて大丈夫!便利な会計ソフト

確定申告について考え始めた私は、まず書籍を読みました。読んだ書籍は以下です。

どの書籍でも、確定申告に必要な基本知識の説明と共に「素人が複式簿記の帳簿を付けるのは難しいが、会計ソフトを使えば大丈夫」と説明しています。

そこで会計ソフトについて調べるうちに、無料で使える優秀な会計ソフトを発見しました!それがMFクラウド確定申告です。

フリープランなら無料でずっと使える!MFクラウド確定申告

複式帳簿を自動で作成してくれる、会計ソフト。本当に便利な時代になりましたね!簿記の知識がなくても、高額な費用を払って税理士さんに依頼しなくても、手軽にできちゃうんです。

会計ソフトにかかる費用の相場は

会計ソフトにかかる費用は、10,000円/年が相場です。たくさん儲かっていれば10,000円/年はとても安い金額に思えます。が、私の場合は、収入が安定しない上に取引が非常に少ないです。私は在宅ワークとしてアフィリエイトをやっています。私の収支の状況は、以下です。

・費用が少ない(サーバー代・ドメイン代の支払い(年1回)、たまに気が向いたらレビュー用商品を購入する)
・月末のみの収入(各ASPから月末にまとめて振り込まれる。収入は多い月もあれば、ゼロの月もある。)

この少ない収支を管理するために、10,000円/年は高いと感じます。

年間50件までの収支なら、無料で使えるMFクラウド確定申告

この少ない収支を管理するのに最適な会計ソフトが、MFクラウド確定申告です。

年間50件までの収支(簿記用語では仕訳)ならフリープランの範囲内なので、無料で使うことができます。青色確定申告に必要な複式簿記での帳簿を作成することができ、最終的な提出書類まで作成してくれます!

今すぐ確定申告をする必要のない方でも、無料なので自分の収支を管理するためのツールとして気軽に使ってみるのがお勧めです。実際にソフトを使うと、仕訳の仕方が自然と理解できるようになります。そして自動で作成される書類(損益計算書など)を見ることで、複式簿記のイメージが自然と身についてきます。

※2018年6月より、フリープランの仕訳件数制限が15件/月まで→50件/年までに変更されました。

MFクラウド確定申告のプラン詳細

MFクラウド確定申告 料金プラン
フリープラン ベーシックプラン あんしん電話サポートベーシックプラン
月額プラン(税抜) 無料 800円/月
年額プラン(税抜) 無料 8,800円/年 17,200/年
仕訳件数 50件/年まで 無制限 無制限
スマートフォン向けアプリ
アップデート(法令改正対応)
メールサポート
チャットサポート 登録から30日のみ
電話サポート × ×
データエクスポート ×

仕訳件数について

フリープランの場合、年間仕訳件数が50件までであることが他のプランとの大きな違いです。頻繁に仕入れと収入が発生するような事業では難しいと思いますが、アフィリエイトのような形態の在宅ワークなら、しばらく(私の場合なら3~4ヶ月)は無料で使える思います。

データエクスポートについて

他の会計ソフト(弥生会計や、Freeeなど)に移行したくなった時に、仕訳データをそのまま移行できるサービスがデータエクスポートです。

フリープランにはデータエクスポート機能がありません。しかし、有料のベーシックプランには最初の30日間は無料という特典があるので大丈夫!

もし他の会計ソフトに移行したくなったら、MFクラウド確定申告のベーシックプランに移行(月額800円)し、30日間以内に他の会計ソフトにエクスポートすれば無料で移行することができますよ!

サポートについて

フリープランの場合、チャットサポート、電話サポートは受けることができません、しかし、メールサポートを受けることができます。私はメールサポートだけあれば充分だと思います。

フリープランでもできる、金融機関の取引明細の自動取得

フリープランでも、金融機関の取引明細を自動的に仕訳データとして帳簿に取り込むことができます。自分で入出金を入力しなくても、自動的に振込や支払いを記載しておいてくれるので便利です。

難解そうな確定申告を気軽に!使ってみようMFクラウド確定申告

私のように「ちょっとだけ収入が増えてきたから、確定申告に挑戦してみようかな・・」と考えている初心者にとてもお勧めの会計ソフトが、MFクラウド確定申告です。

しかし、MFクラウド確定申告は、最低限の簿記の知識があることを前提として作られています。全く何の予備知識もなくいきなり使い始めると、どこに何を入力したら良いのか、とまどうかもしれません。

青色確定申告に必要な、複式簿記の基本を書籍等で少し頭に入れてから使ってみることをお勧めします。

私が「これだけ知っていればMFクラウド確定申告を使うことができる」と思う知識を、こちらの記事にまとめました。参考になれば幸いです。↓

これだけでOK!簿記知識なしでMFクラウド確定申告を使う方法
「MFクラウド確定申告」を使用すると、無料で複式簿記の帳簿を作成することができます。ここでは、最低限の予備知識だけで「MFクラウド確定申告」を使って青色確定申告(65万円控除)を行う方法をご紹介します。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA