MFクラウド確定申告の無料プラン→有料プランに変更しました!

私は、初めての確定申告に挑戦するためMFクラウド確定申告無料プランを使用していました。

無料プランは、仕訳件数が年間50件までと限られています。(※利用年数に制限はないので、年間50件を超えなければ、次年度も無料で使えます)

収益が少なく経費もほぼ無かった最初の頃は、無料プランでなんとか記帳していました。(生活費の引き出しはなるべく大きな額をまとめて引き落とす、など工夫しながら使っていました。)

でも少し収益が増えそうな予感がしてきたので、「収益が増えるなら、経費を増やしてサイトを充実させ、税金を節約しよう!」と思い、有料プランに変更することにしました!

MFクラウド確定申告の料金プラン

以下の記事でもご紹介していますが、MKクラウド確定申告の料金プランは下表「MFクラウド確定申告 料金プラン」のようになっています。

在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド
初めて青色確定申告に挑戦しようと思った私ですが、解らないことだらけでした。色々調べて行き着いたのが、無料で使える優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告でした。MFクラウド確定申告のお勧めポイント、無料プランについて詳しく記載します。
MFクラウド確定申告 料金プラン
フリープラン ベーシックプラン あんしん電話サポートベーシックプラン
月額プラン(税抜) 無料 800円/月
年額プラン(税抜) 無料 8,800円/年 17,200/年
仕訳件数 50件/年まで 無制限 無制限
スマートフォン向けアプリ
アップデート(法令改正対応)
メールサポート
チャットサポート 登録から30日のみ
電話サポート × ×
データエクスポート ×

けっこうすごい、フリープラン

フリープランは、メールサポートが受けられるし、アップデートにも対応しています。

使用期間に制限がないので、何年も続けてフリープランを使用することができます。前年度のデータは、ちゃんと保存されています。

確定申告書を自動作成する機能も使えます。

※ただし、50件/年までという仕訳件数の制限は厳しいです。事業によっては、すぐに50件に到達してしまうと思います。
(2018年5月までは、15件/月までという仕訳軒数の制限だったのでもっと長く無料で使えていました。残念です・・。)

ベーシックプランに変更!

フリープランを長く使うコツは、仕訳件数をなんとかして少なく抑えること。

私は、こんな工夫をして仕訳件数を節約しながら使っていました。

・生活費の引き出しをなるべく大きな金額にしてまとめて引き出す(仕訳1件で済むように)
・小さな経費には目をつぶって記帳しない(収入が少なければ問題ない)

でも、だんだんと収入や取引が増えてきたのでベーシックプランに変更申し込みをしました!

年額プランの方が少しお得なので、年額8,800円で申し込みました。

有料プランに申し込んでも、30日間は無料!

有料プランに申し込んでから気付いたのですが、有料プランには申し込んでから30日間無料の試用期間があるんです!

だから私はまだ、お金を払っていません。

有料プラン登録で、本がもらえる

MFクラウド解説本
MFクラウド確定申告の有料プランに登録すると、もれなく解説本がもらえます。

実は私は、この解説本には全然期待していませんでした。

ペラペラした薄い本かと思っていたので、「くれるならもらっておくか。」という程度の気持ちでした。

でも、意外としっかりとした内容の本でしたよ。

MFクラウド本横側
MFクラウド本内容

ページ数は127ページ。確定申告の基本的なことからMFクラウドの使い方、よくある疑問まで丁寧に解説されています。

本の内容も、色分けされていてとても読みやすいです。

一通り読んでみましたが、初心者の私にも解りやすい解説本でした!

これからもMFクラウドで

私は、無料プランから有料プランにグレードアップし、これからもMFクラウド確定申告を使っていく予定です!

無料プランの申し込みはこちらから↓↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA