在宅ワークで所得が増えたら、確定申告しよう!確定申告の基本

在宅ワークと税金

税金
アンケートモニターやアフィリエイトなどの在宅ワークで収入が得られるようになったら、避けては通れないのが税金の支払いです。

自分の時間を削って一生懸命働いて得た収入なのに、税金を取られるなんてガッカリですよね。

そこで確定申告の登場です。ちょっと面倒ではありますが、自分の所得をきちんと申告すれば10~65万円の所得控除が受けられるという制度です。

確定申告の必要性

所得が多くなったのに申告せずに放っておくと、税務署に摘発される恐れがあります。その場合は未払いの税金にペナルティの金額を上乗せして支払わなければなりません。

「インターネットで得た収入だし、バレないだろう」と思ってはいけません!税務署ではアフィリエイト収入やネットオークション収入に目を光らせているらしいです。

税金は、1年間の所得に対して課せられます。所得が多ければ税金も高くなります。確定申告できちんと所得を税務署に報告すれば、課税対象となる所得を一定額控除してもらうことができます。

所得を申告して、堂々と仕事をしましょう!

確定申告が必要な人

サラリーマンやパートなどで給与収入がある方

給与収入がある方が副業として在宅ワークで収入を得ている場合、在宅ワークの所得が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。

※所得とは、(売り上げ)-(経費)のことです。売り上げが多くても、経費が多くて利益が20万円に満たない場合は、申告の必要はありません。

専業主婦などで給与収入がない方

給与収入がない方が在宅ワークで収入を得ている場合、在宅ワークの所得が年間38万円を超えると確定申告が必要になります。

※所得とは、(売り上げ)-(経費)のことです。売り上げが多くても、経費が多くて利益が38万円に満たない場合は、申告の必要はありません。

確定申告の種類

確定申告には、白色申告と青色申告という2種類の申告方法があります。

白色申告

・単式簿記の帳簿を作成、所得控除などの特典はない

青色申告

①10万円控除
・単式簿記の帳簿を作成、10万円の所得控除が受けられる
または
②65万円控除
・複式簿記の帳簿を作成、65万円の所得控除が受けられる

白色申告と青色申告の違い

「白色」と「青色」という名前は、かつて提出に使用していた書類の紙が「白い用紙」と「青い用紙」だったことから付いた名前です。この色に意味はありません。白色申告と青色申告の違いは以下です。

白色申告

白色申告の特徴・メリット

白色申告で確定申告をしても、所得控除などの特典はありません。

2014年1月から、白色申告には単式簿記の帳簿を作成する義務が課せられるようになりました。

白色申告のメリットとしては、税務署への事前の申請が必要ないことが挙げられます。「今年は思いがけず儲かってしまった!確定申告しなくちゃ!」という時に申告できるので便利です。

白色申告のデメリット

所得控除が受けられないので、申告しても減税されません。

青色申告

青色申告の特徴・メリット

青色申告で確定申告をすると、①単式簿記で帳簿を作成する場合、10万円の所得控除が受けられます。また、②複式簿記で帳簿を作成する場合、65万円の所得控除が受けられます。

①10万円の所得控除を受ける場合は、簡易的な単式簿記での記帳が認められています。ただし、青色申告にする場合は税務署への事前の申請が必要です。

②65万円の所得控除を受ける場合は、複式簿記の帳簿を作成します。「複式簿記」は、簿記3級程度の知識が必要とされています。一気にハードルが上がってしまう感じがしますよね!ところが実は、便利な会計ソフトを使えば簡単です。

在宅ワークにお勧めの、無料で使える優秀な会計ソフトをこちらの記事でご紹介しています。↓

在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド
初めて青色確定申告に挑戦しようと思った私ですが、解らないことだらけでした。色々調べて行き着いたのが、無料で使える優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告でした。MFクラウド確定申告のお勧めポイント、無料プランについて詳しく記載します。

②65万円の所得控除を受ける場合は、家族を従業員とした場合の給与を費用として計上できる、赤字の繰り越しができる、一括減価償却ができる・・などのメリットがあります。詳しくは、書籍等で調べた方が確実だと思いますので、ここでは割愛します。

青色申告のデメリット

青色申告の場合は、事前に税務署への申請が必要です。だんだん収入が増えてきて「もしかしたら来年は年収が38万円を超えるかも?」と思ったら、「来年は青色申告をします!」と宣言する書類を税務署に提出する必要があります。

しかも、1度提出してしまったら「思ったより収入が上がらなくて、年収が5万円しかなかった・・」という場合にも青色申告での確定申告をしなくてはいけません。

また、②65万円の所得控除を受ける場合は、個人事業主として開業する届けを出す必要があります。

青色確定申告をするために必要な書類の作成方法(※簡単です!)と、提出方法については以下の記事をご参照下さい。↓

時間の節約!郵送で青色確定申告の申込み手続きを済ませる方法
青色確定申告をするために必要な書類の作成方法と、その提出方法について説明します。書類は税務署まで足を運ばなくても、郵送で提出する事ができます。郵送での提出方法について詳しく説明します。

どうせやるなら、青色確定申告に挑戦!

私は、昨年末のアフィリエイト収入が月6万円になりました。(※当サイトからの収入ではありません。)

「月6万円×12ヶ月=72万円!」という計算をして、「よし、来年から確定申告しよう!」と思い立ちました。「もしかすると来年はもっと儲かるかも?」という期待をしていました。

まずは白色申告が良いのか、青色申告が良いのか悩みました。色々な書籍を読んだり、インターネットで調べた結果、どうせやるなら「複式簿記の65万円控除に挑戦しよう」と思いました。

私は、簿記の知識はゼロ、事務仕事の経験もありません。簿記の知識がない私が複式簿記をこれから勉強して帳簿を付けるのは、時間がかかりそうです。そこで、会計ソフトを使ってみることにしました。

便利な会計ソフトで意外と簡単!

何の知識のない私が、果たして会計ソフトを使えるのか?という疑問もありました。しかし実際に会計ソフトを使ってみたところ「基本さえ抑えれば後は簡単!」ということが分かりました。

私が最もお勧めする会計ソフトは、無料で使えるMFクラウド確定申告です。

詳しくは、以下の記事をご参照下さい。↓

在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド
初めて青色確定申告に挑戦しようと思った私ですが、解らないことだらけでした。色々調べて行き着いたのが、無料で使える優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告でした。MFクラウド確定申告のお勧めポイント、無料プランについて詳しく記載します。

もしかして、必要なかった?青色申告

複式簿記の帳簿を付け始めた私ですが、今年に入って売り上げゼロの日が続いています。「あれ?もしかして、必要なかったかな?」と思っている悲しいこの頃です。昨年末の収入は、単なるラッキーだったのかもしれません。

でも、アフィリエイトの場合、いつ収入が上がるかは全く予想できません。儚い夢を見つつ、少し勉強してみようと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA