会計ソフトで確定申告しよう!と思って最初につまづいたこと色々

私は、在宅ワークで少しですが収入を得ることができるようになったので、無料で使えるMFクラウド確定申告を使って、確定申告に挑戦することにしました。MFクラウド確定申告について、詳しくは以下の記事をご参照下さい。↓

在宅ワークならこれで充分!無料で使える会計ソフトMFクラウド
初めて青色確定申告に挑戦しようと思った私ですが、解らないことだらけでした。色々調べて行き着いたのが、無料で使える優秀な会計ソフト、MFクラウド確定申告でした。MFクラウド確定申告のお勧めポイント、無料プランについて詳しく記載します。
これだけでOK!簿記知識なしでMFクラウド確定申告を使う方法
「MFクラウド確定申告」を使用すると、無料で複式簿記の帳簿を作成することができます。ここでは、最低限の予備知識だけで「MFクラウド確定申告」を使って青色確定申告(65万円控除)を行う方法をご紹介します。

初めての確定申告で、つまづいたこと

勉強する女性

私は、まず書籍を数冊読んで青色確定申告を行うための勉強をしました。

その中でつまづいたことと、解決方法をご紹介します。

事業用口座は必要?

貯金通帳
確定申告に関する書籍を読むと、必ず最初に「まずは事業用口座を開設しましょう!」と書いてあります。

事業用口座があれば、生活費と事業にかかった費用を明確に区別できるので、作らなくてはいけないと解説されています。

家庭の電気代などの引き落としと、事業の取引が同じ通帳に記載されていると訳がわからなくなりそうですよね。

通帳の残高と預金出納帳の残高は一致させる

確定申告を行う場合、実際の通帳の残高と、預金出納帳(経費や売り上げの銀行取引を記載するもの)の残高を一致させる必要があります。このため、事業とは関係のないプライベートな入出金が通帳に記載されていれば、その内容も預金出納帳に記帳しなくてはいけません。そうなるととても面倒です。

事業用にだけ使用する口座を用意した方が良い

収入がそれほど多くない場合は、事業名(屋号)で口座を開設する必要はありませんが、個人名義で事業用に使用する口座を用意した方が良いでしょう。

アフィリエイトならゆうちょ銀行を用意しておくと手数料がお得

アフィリエイトの場合は、銀行によって振り込み手数料が異なる場合があります。例えばA8.net
というASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の場合、ゆうちょ銀行の振り込み手数料が30円とお得です。

A8.netは最大手のASPなので、これからアフィリエイトを始める場合には、ゆうちょ銀行を振込先として用意しておくのがお勧めです。

クレジットカードの記帳方法は?

クレジットカード
私は、書籍や商品の購入はインターネットのオンラインショップを利用しています。支払いはクレジットカードです。

クレジットカードの引き落とし口座は、夫の口座になっています。在宅ワークでの収入の振り込み口座は自分の口座なので、別の口座です。

そのため、クレジットカードからの引き落としを経費として記帳する方法がよくわからず、悩みました。

事業用のクレジットカードを用意して、引き落とし先を自分の口座にすれば解決なのですが、そう簡単にはできません。

クレジットカードを作るには審査があります。収入のない専業主婦では、審査に通りません。また、家族で同じカードを使うことでポイントが貯まりやすくなるため、複数のクレジットカードを持つことは利点がありません。

夫に現金で支払ったことにして、現金として記帳する

貯金箱
悩んで調べた末の結論は、「クレジットカードの明細を元に夫に現金で支払う」という方法です。

クレジットカードの明細を領収書として保存しておき、自分の事業に使った分を夫に現金で支払います。帳簿上は、現金での支払いとして記帳します。

現金は、事業用の現金です。現金出納帳上で管理します。プライベートの現金と、事業用の現金は別のものとして考えています。

※このことについて、無料記帳指導の税理士さんに相談しました。正しい解決策はこちらをご参照下さい。↓

税理士さんがやってきた!無料記帳指導で青色確定申告も安心!
私は今年、初めての確定申告に挑戦します。初めて確定申告をする場合は、誰でも税理士の無料記帳指導を受けることができます。無料記帳指導で解決した疑問点と、驚くほど親切な対応について記載しています。

クレジットカードは発生主義?現金主義?

発生主義の原則(取引が確定した時点と、実際に現金取引があった時点の2回に分けて記帳する方法)に従うと、クレジットカードの記帳はなんだかよく分からなくて、悩んでしまいます。

でも安心して下さい!クレジットカードの場合、例外として引落日での経費計上が認められています。クレジットカードの記帳は、現金主義で良いということです。

クレジットカードの明細を取得して、口座から引き落とされた日付に「現金で(夫に対して)費用を支払った」という記帳にします。

取引日 借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額 概要
4/3 消耗品費 1,000 現金 1,000 管理用ノート購入

簡単ですよね!

自分のルールを決めて、貯め込まずに記帳する

「青色確定申告は難しい」と言われています。でも、疑問をひとつずつ調べながら記帳していけば、それほど難しいことはないというのが私の感想です。

私は以下のルールを決めて管理しています。

1.月末に預金通帳の収支と会計ソフトの預金出納帳の収支が一致していることを確認する、
2.まとめて記帳せず、収支が確定したらその日のうちに記帳する。
3.3ヶ月に一度、クレジットカードの明細を印刷してファイルする

確定申告の直前まで貯め込んでしまわずに、少しずつ記帳していけばだんだんと慣れて簡単になってきます。疑問はその都度調べながら、コツコツとやっていこうと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA