圧力鍋で時間にゆとりを!圧力鍋でカレーライス作り!

圧力鍋を活用しよう

圧力鍋と言えば、豚の角煮など手の込んだ料理を連想しますよね。不器用な私は、失敗したら爆発するかも・・、手入れが面倒くさそう・・と思って圧力鍋を敬遠していました。でも、使ってみるととっとも便利です!普段の料理にも活用しています。

圧力鍋で時短・省エネ

圧力鍋とは、空気や液体を密閉して大気圧以上の圧力を加えることのできる鍋です。

大気圧以上の圧力を加えることで液体の沸点を高めます。通常より高い温度と圧力により、比較的短時間でより美味しく調理することができます。

また、一度圧力をかけたらあとは火を消して食材に熱を通します。そのため長時間、火を付けたまま調理する必要がなく、電気代・ガス代の節約になります。

アサヒ軽金属のゼロ活力鍋を使っています

活力鍋

私は、アサヒ軽金属ゼロ活力鍋を使っています。

以前友人の家に遊びに行ったときに、友人が昼食にカレーライスを出してくれました。

そのカレーライスがとっても美味しかったのです!お肉もホロホロと柔らかくて、じっくり煮込んだようなコクのある味でした。

私が褒めると、友人はまるで実演販売のように活力鍋の宣伝を始めました。すっかり騙され(?)た私は、その日のうちに活力鍋を購入しました。これが私の圧力鍋(正確には活力鍋)デビューです。

活力鍋とは

活力鍋とは、アサヒ軽金属が販売している圧力鍋です。普通の圧力鍋と違い、以下の特徴があります。

・通常の圧力鍋は、加圧後も数分間加熱し続ける必要がある。ゼロ活力鍋は加圧完了したら火を消して、余熱だけで調理できる。

・世界最高クラス2.44気圧なので、短時間で美味しく柔らかく調理できる。

・30年の長期保証付きで、買い換える必要がなく安心。

私は活力鍋しか使ったことがないので、他の圧力鍋と使い心地を比較することは出来ません。が、活力鍋はとても使い勝手の良い、便利な調理器具だと思います。

圧力鍋(活力鍋)で時短カレーライス作り

ゆっくり具材を煮込んでいる時間がないとき、私は活力鍋でカレーライスを作ります。
ここでは我が家で人気の、活力鍋を使ったトマトカレーの作り方をご紹介します。

材料

材料 トマトカレー 10皿分

鶏もも肉 1かたまり
玉ねぎ 1個
人参 1本
ジャガイモ 2個
カットトマト 1缶
市販のカレールー 1箱
水 適量

作り方

1.肉、野菜を炒める

カレー作り手順1
カレー作り手順2

一口大に切った鶏もも肉と、玉ねぎを少量の油で炒めます。鶏もも肉の色が変って少し焦げ目が付いたら、大きめに切った人参とジャガイモを加えて炒めます。

※この行程は、省いてもOKです。ゼロ活力鍋は非常に高い圧力をかけることで、炒めなくても食材の甘さを引き出してくれるそうです。私は、炒めた方が香ばしくなるような気がするので炒めています。

2.カットトマト缶を加える

カレー作り手順3

我が家では、トマトカレーが人気です。いつもカットトマト缶を1缶加えます。

カットトマト缶を加えると、酸味が効いて美味しくなります。ぜひ試してみて下さいね。

3.圧力をかける

カレー作り手順4
カレー作り手順5

炒めた具材に水1カップを加えます。蓋をして重りを載せ、強火にかけます。こうすると圧力がかかり、黄色の栓が上がってきます。

加圧が完了すると、カンカン、カンカンと音をたてて重りが左右に大きく振れます。活力鍋の場合、この状態になったらすぐに火を止め、あとは余熱で調理します。

活力鍋の場合、蓋をして加熱し始めてから加圧が完了するまで、4分程度です。とても早いです。

余熱調理が完了して圧力が下がると、黄色の栓が完全に下がります。圧力が下がるまで、15分程度です。これで野菜の煮込み調理が完了です。

圧力が下がるまでの待ち時間に、私はお風呂掃除をしたり食器を洗ったりします。煮えたかな?とチェックしたり混ぜたりする必要がなく、完全にほったらかしで大丈夫なので便利ですよ!

4.水を足し、カレールーを入れる

圧力が下がったら、水と市販のカレールーを加え、とろみがついたら完成です。加える水の量は、市販のカレールーの表示に従ってください。

できあがり!

カレーライス

出来上がりました!圧力をかけたけど、ジャガイモも人参もしっかり形が残っています。

活力鍋で調理すると、鶏もも肉がとても柔らかく仕上がります。口の中でホロッと崩れる食感です。固いお肉が苦手な子供も喜んで食べてくれます!

2日目に残ったカレーはドロドロになってしまうんじゃないの?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。2日目も、とっても美味しく頂きました。

ただし、ジャガイモを入れすぎると2日目にはドロドロになります。ジャガイモは2個まで!が良いと思います。

ちょっと面倒そうな圧力鍋ですが、意外と簡単、便利です。普段のお料理にも色々使ってみると面白いですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA