うんこ漢字ドリルをやってみた!書き取りより音読に夢中の我が子!

うんこ漢字ドリル

今話題の、「うんこ漢字ドリル」。漢字ドリルでありながら1ヶ月で63万部を売り上げるという、異例の大ヒットを記録しています。

そんな「うんこ漢字ドリル」を購入して、子供達(小1の息子、小3の娘)に与えてみました!

うんこ漢字ドリルとは

うんこ漢字ドリルとは、小学生向けの漢字ドリルです。漢字の例文にすべてうんこを使用しているのが特徴。学年ごとに冊子が別れており、1冊でそれぞれの学年で習う漢字が全て習得できるようになっています。

つまらない勉強が楽しくなる

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

新品価格
¥1,058から
(2017/5/8 11:52時点)

学習教材って、面倒くさくてつまらないですよね。

教材がつまらないから、勉強もつまらない。

そこで生まれたのがこの教材。(amazonで購入できます。)

小学生なら誰でも大好きなうんこを使って、楽しく勉強できちゃいます。

それにしても、どうして小学生ってうんこが大好きなんでしょう。

私も小学生の頃は、うんこに過剰に反応していた時期がありました。

図書館でうんこに関する本を見つけてしまい、友達と笑いすぎて、図書館スタッフに「うるさい!」と怒られた記憶があります。

うんこ漢字ドリルを買いました!

うんこ1年生
「本屋で見つけたら買ってみよう」と思っていた「うんこ漢字ドリル」。

ゴールデンウィーク中に立ち寄った本屋さんで見つけたので、早速購入してみました!

「こんなふざけたドリル、買って大丈夫かな?」と不安がちょっと頭をよぎりました。

子供にやらせてみました!

我が家の小学3年生の娘と小学1年生の息子に「うんこ漢字ドリル」をあげると、予想通りの反応。

「なにこれー!!」「うんこだ、うんこだ!!

こんな例文が載ってます

早速、子供達に漢字の練習をさせてみました。子供達は、うんこの例文を前に、音読せずにはいられないようです。

icon-check-circle-oぼくは 六月になるまで うんこを しないぞ。

icon-check-circle-oこの うんこは 九月まで ながしません。

icon-check-circle-oうんこをしまっておく倉庫を 「うん庫」とよぶ。

笑ってはいけない漢字ドリル

うんこ漢字ドリルに興味津々の子供達は、真面目に漢字の書き取りに取り組み出しました。ところが、書き取りしながら例文を音読するのです。

ぼくは 六月になるまで うんこを しないぞ。

小学1年生の息子は、まだ平仮名を読むのもたどたどしいです。たどたどしい音読で、一生懸命に読む文章が「うんこ」。

横で聞いている私は思わず笑ってしまいます。笑ったら最後、調子に乗った子供達が何度も何度も大きな声で例文を読み上げます。

ぼくは 六月になるまで うんこを しないぞ。

ぼくは 六月になるまで うんこを しないぞ。

「もう、分かったから・・」

いつの間にか、音読ドリルに

うんこ音読

写真をご覧になると分かるとおり、娘は鉛筆を持っていません。

「うんこ漢字ドリル」を両手で持ち立ち上がって、音読しています。

「あのね、それ、漢字ドリルだから。音読じゃないから。」と教える私。「分かってるから。」と娘。そして、私が笑うまで読み上げ続けるのです。「ママ、これ面白い?これは?・・・」

うんこ漢字ドリルは、音読に注意!

子供のやる気を引き出してくれる、とても楽しい「うんこ漢字ドリル」ですが、一歩間違うと音読ドリルになってしまいます。横で聞いているご両親は、うっかり笑わないように注意しましょう!

うっかり笑ってしまうと、調子に乗った子供が「うんこ漢字ドリル」を音読しながら追いかけてきますよ!料理している横でも、新聞を読んでいる横でも、ずっと続くうんこの音読。

この うんこは 九月まで ながしません。

文響社の社長はうんこマスター

「うんこ漢字ドリル」を出版したのは、文響社という出版社です。この出版社の社長、山本周嗣氏の経歴をご紹介しましょう。

元リーマンブラザーズ証券株式トレーダー。現在は(株)文響社(株)ミズノオフィスの代表を務める。

幼稚園の時最初のお漏らしを経験して以来、時間、場所を問わずいたるところでウ○コを拡散し続けている35歳。

その潔い漏らしっぷりは有名で、時に「ウ○コマスター」「ブラウンの稲妻」などの異名で呼ばれることもある。最近漏らしたのは2011年、4月。

引用:ウケる日記より

引用元は、こちら→ウケる日記です。引用元の記事は、周りに人の居ない状況で読むことをお勧めします。間違っても、会社で仕事中に読まないように。

※さっき、夫から「今日は残業だ。遅くなる」とメールが来たので、「これを読むと元気が出るよ。」と引用元のURLを送ってあげました。反応が楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA