札幌市内の無料で遊べる屋内施設!北海道大学総合博物館

2016年7月にリニューアルオープン!北海道大学総合博物館

北大総合博物館

緑いっぱいの広大な敷地を持つ北海道大学。その正門から5分ほど歩いたところに、北海道大学総合博物館があります。入館料は無料です。

北大総合博物館入り口

北海道大学総合博物館は、とても歴史を感じる建物です。入り口も、とても立派です!

私たち(私と7歳の娘、5歳の息子)は夏休み中の平日に行きましたが、たくさんの観光客が来ていました。

見所たくさん!3階建ての博物館

正直なところ、私は全く期待せずに北海道大学総合博物館を訪れました。夏休み中で暇をもてあます子供たち(7歳の娘、5歳の息子)。どこか連れて行くところはないかな・・と思っていた時に目についたのが、新聞の記事でした。新聞で、北海道大学総合博物館がリニューアルオープンしたと報道していたのです。

「博物館だから遊ぶ場所ではないし、つまらないかも知れないけど、家にいるよりはマシだろう」と思って出掛けました。

※博物館内の写真はたくさん撮ったのですが(撮影禁止の場所以外)、安易にサイトに掲載してよいのかどうか分からなかったため、文章だけで紹介します。

迫力のある剥製

博物館に入ると、大きなホッキョクグマの剥製がありました。

大きくて迫力があります。子供たちも「わあー」と近づいて、顔をのぞき込んでいました。

さらには、廊下の手すりの上にリスの剥製が置いてあったり、廊下に熊の剥製が座っていたりします。「可愛い」と言うべきか「気持ち悪い」と言うべきか、よくわかりません。

でも、思いがけないところに展示があるので、「おっ、こんなところに何かある!」という驚きがあって面白かったです。

学部ごとの展示

館内には、北海道大学の学部ことの研究内容も展示しています。例えば歯学部のブースでは、実際に歯医者さんになった気分で模型をミラーでのぞき込むことができます。

注意書き
模型のそばには、こんな注意書きがありました。

「触らないでください!」という注意書きはよく見かけますが、「触ってもいいですよ」という注意書きは珍しいですよね。

子供たちにも安心して触らせることができ、一緒に楽しめました。

また、工学部のブースにはロケットが置いてあったり、学部ごとに興味を引く展示がたくさんあって面白かったです。

小学校高学年くらいの子供なら、「こんな実験、してみたいなー」と思ったり「歯医者さんて面白そうだなー」と思ったり、興味が広がるかもしれないなと思いました。

私の子供たち(7歳の娘、5歳の息子)は残念ながら、まだ将来のことまで考えは繋がらないようです。「あっちも触ってみたい、これは遊べるのかな?」という感じであちこち見てまわっていました。

展示の目玉は、実物大マンモスと恐竜の骨格!

北海道大学総合博物館の展示の目玉は、実物大マンモスの模型と、恐竜の骨格です。実物大で復元された模型は、とっても迫力がありました!

目にした瞬間に「おおっ!!」と言ってしまいました。「こんなにすごい牙をもっていたんだー」と、しばし太古の世界に思いを馳せてしまう展示でした。

飽きたら芝生でお弁当

中央ローン

博物館を堪能したあとは、中央ローンと呼ばれる、北大正門近くの川べりでお弁当を食べるのがお勧めです!

私たちは、涼しい川の近くに敷物を敷いて、持参したおにぎりを食べました。天気が良かったのでとっても気持ち良かったですよ!

※2016/11/30追記※

北海道大学内の芝生は、近所の幼稚園児が園外保育で訪れるなど、小さい子がよく遊びに来ていました。

その光景はとてもほのぼのしたものだったのですが、なんと2016年に北海道大学では芝生への園児の立ち入りを禁止しました。

理由は「芝生の手入れにお金がかかるので、部外者に気軽に利用されては困る。大学は幼稚園の園庭ではない。」というもの。

これだけの広大な芝生は、ただの観賞用なんでしょうか?

私は、北海道大学は観光名所にもなっており、市民の憩いの場としての機能があると思っていました。立ち入り禁止にするなんてとっても残念です。

カフェもあります

ソフトクリーム
北大コーヒー

北大構内には、カフェもあります。

博物館の地下にもありますが、私たちは北大正門のすぐ近くのカフェに入りました。

このカフェはセルフサービスなのですが、その分値段が安いです。


ソフトクリーム(バニラ、ハスカップ、ミックスの3種類)とドリンク類が260円です。

子供たちはバニラソフトクリームとミックスソフトクリームを、私は有機コーヒーを注文しました。

ミックスソフトクリームのハスカップ部分は、「ぶどうの味がするー!おいしい」と息子(5歳)が言っていました。

のどかな気分でゆっくり楽しみたいときにお勧め!

北海道大学総合博物館は、思ったより面白い博物館でした。ゲームコーナーがあったり、触れる模型があったり、子供も楽しんでいました。

広くて自然たっぷりの大学構内を散策しながら、のんびり楽しめる場所です。

体を動かす遊びや、騒々しい遊びに疲れたら、ぜひ博物館に足を運んでみてください!お勧めです。

アクセス

駐車場はありません。JR札幌駅、または地下鉄南北線北12条駅から徒歩10分程度です。

※入館料は無料です。

※休館日は、月曜日です。ただし、月曜日が祝祭日の場合は開館し、連休明けの平日が休館日となります。

詳しくは、公式ホームページがありますので、こちらをご確認下さい。→北海道大学総合博物館

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA