家計の医療費に打撃!インフルエンザ予防接種が大幅値上げ

2015年度よりインフルエンザ予防接種が大幅値上げ

予防接種
毎年10月になると、私は家族全員でインフルエンザ予防接種を受けます。

私は結婚するまで、1度もインフルエンザ予防接種を受けたことがなかったし、インフルエンザにかかったこともありませんでした。

ところが、夫とその家族は、何故か毎年のようにインフルエンザにかかる人でした・・。

2年連続でインフルエンザにかかった夫に、人生で初めてインフルエンザを移されました。

それ以来、インフルエンザ予防接種の必要性を感じるようになり、毎年家族で受けています。

インフルエンザ予防接種が値上がりした理由

2014年度までのインフルエンザ予報接種は、インフルエンザA型2種類とB型1種類に対応したワクチンでしたが、2015年度5月に厚生労働省がB型2種類に対応するよう決定しました。

その対応のため、ワクチン製造メーカーは製造コストの上昇や設備投資を迫られ、ワクチンの価格が上昇したのです。

ワクチンの効果が拡大

主に流行するB型インフルエンザは、「山形系統」か「ビクトリア系統」と呼ばれる2つのタイプがあります。

これまでは、B型インフルエンザワクチンは1種類しか対応していなかったため、シーズン前にどちらが流行するかを予測し、一方だけをワクチンに入れていました。

せっかくインフルエンザ予防接種を受けたのに、違うタイプが流行したので感染してしまうのはよくあることでした。それが2015年度よりB型2種類に対応することで、予防効果を十分に発揮できるようになります。

値上げは嫌ですが、予防効果の面では歓迎すべきことなのだと思います。

インフルエンザ予防接種の予約をしてきました

ナースステーション
いつものかかりつけ医に行って、インフルエンザ予防接種の予約をしてきました。

私は4人家族です。今年の料金は、3歳以上一律1回3,000円となっていました。

13歳以下の子供は2回接種なので、子供2人×2回、大人2人×1回で、合計18,000円でした!
た、高すぎる!!

数秒間、支払うのを躊躇してしまうような金額でした。去年の正確な金額は忘れてしまいましたが、1回2,500円くらいだったような気がします。子供たちはもう少し安かったような気もします。

病院によって大きく違う予防接種の料金

調べてみると、インフルエンザ予防接種の料金は病院によって大きく異なります。私はいつもの医院で予約してしまいましたが、少しでも家計に負担を掛けたくない方は、料金を調べてから安いところで受けるのがお勧めです。

お近くの病院のホームページで料金を確認したり、電話で問い合わせてみると良いでしょう。

インフルエンザ予防接種も、公費で受けられるようになると良いなあ、と毎年思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA