2016年10月よりB型肝炎ワクチンも定期接種化

2016年4月1日から、北海道で日本脳炎ワクチンが定期接種化されました。(※詳しくは、以下の記事をご参照下さい。)↓

2016年4月より、北海道でも日本脳炎ワクチンの定期接種化
2016年4月1日より、北海道で日本脳炎ワクチンが定期接種化ことが決定しました。ワクチン接種のスケジュールについて記載しています。

北海道では日本脳炎ワクチンの定期接種が始まったばかりですが、B型肝炎ワクチンの定期接種化も決まったようです。

B型肝炎とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染して起きる肝臓の病気です。肝炎や肝臓がん、肝硬変の原因となります。一過性の感染に終わるもの(一過性感染)とほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。

こちらのサイトで詳しく解説されています。→肝炎情報センター

2016年10月より定期接種(無料)化

B型肝炎ワクチンは、これまで任意接種(有料)の予防接種でしたが、2016年10月より定期接種(無料)化される予定です。

どんどん増える予防接種 子供や親への負担は

どんどん予防接種が増えていますね。しかし、日本の予防接種制度は、先進国・中進国のなかでは最低レベルと言われています。

日本では、無料で接種できる予防接種の種類が世界の先進国に比べて少ないです。今後、無料接種化が進んだとしても、同時接種化が進んでいないため、1回に1本の注射を何度も受けに行くことが子供や親への負担になっていきます。

ワクチンの同時接種、大丈夫?

以下は、こちらのページ(→日本VS世界のワクチン事情)からの抜粋です。

米国では、生後2か月の未熟児でも同じ日に6種類のワクチンを接種します。 たくさんの種類を同時に接種しても、子どもの健康に問題がないことは、今まで多くの米国の子どもが受けてきて、 問題がなかったことからもわかります。

日本でも同時接種を進めることで、子供や親への負担が減り、もっと多くの予防接種を受けることが可能になる、という意見です。

しかし、私はこの意見には反対です。欧米で同時接種が進んでいるからといって、日本で同じ事を簡単に推奨しても良いのでしょうか。欧米人と日本人は、違う人種です。

小児科医の中にも慎重な意見がある

医者と赤ちゃん
私は、産婦人科で「同時接種できるから、どんどん早めに予防接種を受けなさい。」と進められて小児科を受診しました。

しかし、私のかかりつけの小児科では「小さい赤ちゃんへの同時接種は、何があるかわからないからやめた方がいい。ワクチンは一種類ずつ、様子を見ながら打った方が良いですよ。」と言われました。

また、当時定期接種化されたばかりだったヒブワクチンについても「欧米で実績があるワクチンでも、日本人の体質には合わないことがある。少し待って安全が確認できてから打った方が良いですよ。」と言われました。


ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種で命を落とした赤ちゃん(同時接種が原因ではないと言われていますが)、子宮頸がんワクチンの副作用で苦しんでいる方の例を見ると、予防接種の怖さを感じます。

「そんなことより、ワクチンを打たない方がリスクがあるのだ」という意見もたくさんありますが、私はなるべく慎重に予防接種を考えたいと思います。(といっても、医師ではないので、結局は自分で判断できないのですが・・。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA